前へ
次へ

教育問題を考える上で避けて通れない道

教育問題を考える上で絶対に避けて通ることができないものがあります。
それは学校の先生の資質です。
学校の先生の資質は教育問題の中でも一番大切であるということができます。
これらの先生に求められるのは、客観的に物事を判断できる力を持っているかどうかです。
決して自分の価値観だけで行動しないことが大切です。
先生の性格とか資質は実に十人十色です。
それはそれで良いという人たちも多いのですが、絶対に守らなければならないのは自分の価値観だけを生徒に押し付けたりしないことです。
これは当たり前のことですが学校の生徒達はまだ成熟していない子供達です。
体の成長もそうですが、精神的な成長も大人とは違います。
これから伸びようとしている子供たちの大切な芽を摘み取るようなことをしてはなりません。
子供たちは感情をストレートに表しますし、自分の感情を抑えることがなかなかできません。
ですから一番大切なことは、それらの子供たちの立場にたって、一番上の大人の立場から対応すべきであるということができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

学校の先生が子供を教える時に一番大切なポイントは、自分が生徒だった頃を思い出すということではないでしょうか。
先生である自分は学生の時に完璧な生徒であったのかどうか、そんなことを思い出すのが良い方法です。
宿題だって時々はやらなかったこともあるのではないでしょうか。
このような時にいきなり頭越しにガミガミと言われると、それで生徒たちの気持ちは落ち込んでしまいます。
同じ生徒たちを叱るにしても、それは生徒たちの明日の希望に繋がるような叱り方でないといけません。
教育問題で一番のポイントは教師の資質であるということができますが、それは生徒たちへの愛情と言い換えることができます。
学校で勉強を教える先生は、生徒たちに対して心からの愛情を持っていないと、到底子供たちを教えることなどできません。
それがどんなに美しい言葉で飾られていたとしても、心の中に愛がなければ、生徒たちの胸にはそれが響きません。
それが一番大切なポイントではないでしょうか。

Page Top